ダイエットと食物繊維

ダイエット食品

ダイエット食品.netダイエットの基礎知識食事ダイエットの基礎一日に必要な栄養素>食物繊維

ダイエットと食物繊維について

食物繊維は、栄養素ではありませんが体の調子を整える成分として、近年では五大栄養素(糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル)+食物繊維として挙げられる成分の一つです。腸の働きを活性化させて便秘解消効果があるほか、コレステロールや糖質の吸収を和らげる働きがあるので、ダイエット効果も高いとされています。
逆に、食物繊維が不足すると腸内環境が悪化し、体内に有害物質が貯まってしまいそれによる健康への悪影響があるとされています。

食物繊維の種類と欠乏症

食物繊維は、水に溶けない繊維質状の「不溶性食物繊維」と水に溶ける(一般にはヌルヌル成分など)の「水溶性食物繊維」があります。整腸作用や栄養吸収の抑制効果があることから、ダイエット効果のある栄養成分として、注目されダイエット中の方は意識的に摂取される方が多いようです。

ただし、過剰に食物繊維を摂取するとミネラル分など体の構築や維持に必要な栄養成分の吸収率まで落としてしまうことがありますので注意が必要です。ただし、これは食物繊維サプリメントや寒天などの製品を単一に大量に摂取すると起こるくらいですから、できるだけ食物繊維は食品から摂取するようにすると良いでしょう。

不溶性食物繊維
  |- セルロース
  |- へミセルロース
  |- ペクチン
  |- リグニン
  |- イヌリン
  |- グルカン
  |- キチン/キトサン

水溶性食物繊維
  |- ペクチン質
  |- アルギニン酸
  |- グアーガム
  |- グルコマンナン
  |- フコイダン
  |- ポリデキストロース
  |- コンドロイチン硫酸

※栄養素名のリンク先は「栄養管理.com」の外部サイトです。各栄養素の特徴やそれらが多く含まれている食品、欠乏症や過剰症について解説しています。


 

ローカロ雑炊
193円
38kcal
★★
マイクロダイエット
1,260円
170kcal
★★★★★
1食あたりの価格は各ダイエット食品のスタンダードセットを一食分とされる価格で割ったもの。
1食あたりのカロリーは標準商品のもので最もカロリーの少ないものを表示しています。
栄養価は1食あたりの栄養価を評価したものです。★が多いほど栄養が豊富です。

詳しい比較やランキングは「ダイエット食品ランキング」をご参照下さい。

 

ダイエットの基礎知識

ダイエットを行ううえで押さえておきたいポイントや知識を解説していきます。
>>ダイエットとは

押さえておきたいダイエット用語
  |-BMI計算
  |-体脂肪
  |-カロリー
  |-基礎代謝
  |-リバウンド
  |-セルライト
  |-隠れ肥満

食事ダイエットの基礎
  |-ダイエットと一日に必要な栄養素
   ・ビタミン
   ・タンパク質
   ・ミネラル
   ・食物繊維
  |-カロリー計算表
   ・ご飯・パン類カロリー計算
   ・麺類カロリー計算
   ・豆類カロリー計算
   ・肉類カロリー計算
   ・魚類カロリー計算
   ・野菜カロリー計算
   ・スープ/汁物カロリー計算
   ・飲料類カロリー計算
   ・お菓子/おやつ類カロリー計算
  |-低インシュリンダイエット
   ・GI値一覧

基礎代謝アップによるダイエット
  |-一日の消費カロリーを知ろう
  |-太りやすい体質とは
  |-基礎代謝アップの基本
   |-姿勢で基礎代謝アップ
   |-無酸素運動
   |-有酸素運動

番外ダイエット
  |-産後ダイエット

 

ダイエット食品.netホーム リンク集 プライバシーポリシー ダイエット基礎知識 ダイエット食品ランキング ダイエットコラム ダイエットQ&A

copyrights ©2006-2015. ダイエット食品.net All rights reserved.

ダイエット食品.netにおける情報の正確性には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。また、ダイエット食品.net内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。ダイエットを行なう際および、ダイエット食品を購入される際はご自身の責任において実行されてください。
また、ダイエット食品.netにおけるカロリーコントロールなどは「五訂 日本食品標準成分表(文部科学省)」に準じて作成しております。

ダイエットやダイエット食品の利用は各自の責任において行ってください。