「納豆ダイエット」

ダイエット食品

ダイエット食品.netダイエットコラム>納豆ダイエット

納豆ダイエット概要

アンチエイジング効果があるといわれる「DHEA」というホルモンの研究中に、DHEAには高いダイエット効果があることが確認できた。そして、そのDHEAをダイエットとしてもっとも良く摂取できる食品は「納豆!」DHEAの秘密とダイエットに役立つ納豆の効果的な摂取方法を解説

※あるある大辞典内において当番組に関する情報について捏造であったという旨のニュースが出ています。当ダイエット法についてのダイエット効果自体は非常に薄いと考えられますが、納豆の持っている栄養効果や大豆イソフラボンやナットウキナーゼの有用性については変わらないという管理者の判断により当コンテンツは一応残しておきます。当記事についても誤りがある部分については訂正をいれております。

DHEAホルモンのはたらき

DHEAホルモンとは、「若返りホルモン」として知られているホルモンの一種で、DHEAホルモンの働きは、例えば細胞を活性化し、肌を若く保ち、筋肉を維持するなどの効果があるとされており、近年注目されているアンチエイジングという観点からも注目されているホルモンである。
DHEAの働きは主に2つ。ひとつは、ストレスなどで傷ついてしまった細胞を、元通りに修復すること。もうひとつは、体内で男性ホルモン、女性ホルモンに必要に応じて変化するというものである。

では、DHEAホルモンのダイエット効果としてはどのようなものがあるのでしょうか?

 

DHEAホルモンのダイエット効果:停滞ホルモンの減少とエネルギー消費量アップ

停滞ホルモンとは、DHEAと同じ副腎という臓器で生成されるホルモンで、エネルギーを溜め込む働きがあり、この停滞ホルモンが増えるとエネルギーが燃やしにくい体となります。
しかし、DHEAホルモンが増加することで、停滞ホルモンは半比例的に減少していくことがわかっています。つまり、DHEAを増やせばこの停滞ホルモンを減少させ、エネルギーが燃やしやすい体となるのです。

 

DHEAホルモンとイソフラボン

DHEAホルモンは、20歳ごろをピークに減少を始めます。しかし、女性ホルモンと構造が似ていると知られている「イソフラボン」はDHEAを生成する材料ともなるため、減少し始めるDHEAホルモンの生成量をアップされる事につながるのです。

 

 

納豆とイソフラボン

主にイソフラボンは大豆製品の多く含まれています。その中でも、「納豆」は発酵食品であり、その発酵の過程においてイソフラボンが非常に吸収しやすい形となっているのです。

 

納豆のイソフラボン吸収率が良い理由

通常、大豆食品はイソフラボンは糖と結合しており、この結合状態ではイソフラボンを吸収する腸の中で吸収が進まずに、イソフラボンの吸収率が悪いとされています。
しかし、納豆では、発酵の過程において納豆菌が糖を分解する事からイソフラボンは糖と結合していない状態で体内に吸収されることからイソフラボンを効率よく吸収することができます。

 

納豆ダイエットを成功させるため

納豆によるイソフラボンでDHEAを増やすのに必要なイソフラボンの分量はおよそ納豆2パック分に相当します。つまり、一日に納豆2パックを摂取する事により納豆によるダイエット効果を高める事ができるのです。

また、血中の大豆イソフラボンの量をできるだけ一日を通じて安定させたほうがよいという点から、朝食と夕食の二回に分けて1パックずつの納豆を摂取するようにするとより効果的です。

さらに、納豆はかき混ぜたあと、時間が経過する事により「ポリアミン」という物質が発生することがわかっています。このポリアミンには、若返り効果だけではなく、基礎代謝を高める効果もあることから、納豆は混ぜた後20分間放置しておくと、さらにダイエット効果がアップします。

 

私見:納豆の調理について

さて、ここまで納豆ダイエットについてまとめましたが、納豆を2パック摂取するのは結構大変でしょう。番組ではこのあと、納豆レシピが紹介されていました・・が、納豆には、イソフラボン以外にも、「ナットウキナーゼ」という健康成分が含有されています。

ナットウキナーゼは、便秘改善や肝臓にも良いとされる。 ナットウキナーゼには、血栓を溶かす作用がある。そのため、血液をサラサラにし、心筋梗塞や脳梗塞、痴呆症などの予防、血圧を下げる働きもあるとされている。また、強い抗菌作用と免疫力を向上させる働きがあることから、感染症予防やガン抑制作用もあると期待されている。

このナットウキナーゼは加熱に弱いですから、熱を加えないように調理するほうが、納豆のダイエット効果だけでなく、豊富な栄養成分を効果的に摂取できるといえるでしょう。

このほか、納豆には「大豆サポニン」 「ムチン」などの有効成分も多数含有されています。

関連リンク:納豆の栄養

 

 

ローカロ雑炊
193円
38kcal
★★
マイクロダイエット
1,260円
170kcal
★★★★★
1食あたりの価格は各ダイエット食品のスタンダードセットを一食分とされる価格で割ったもの。
1食あたりのカロリーは標準商品のもので最もカロリーの少ないものを表示しています。
栄養価は1食あたりの栄養価を評価したものです。★が多いほど栄養が豊富です。

詳しい比較やランキングは「ダイエット食品ランキング」をご参照下さい。

 

 

ダイエットコラム

ダイエットに関する最新情報やテレビの最新ダイエット情報、ダイエットコラム
>>ダイエットコラム

  |-納豆ダイエット
  |-セルライトは消せる
  |-「リンゴ/ミカン」ダイエット
  |-チョコレートダイエット
  |-小腸デトックスダイエット
  |-味噌汁でダイエット
  |-食べても太らない
  |-2005年ダイエット特集
misonoダイエット
倖田來未ダイエット

 

ダイエットの基礎知識

ダイエットを行ううえで押さえておきたいポイントや知識を解説していきます。
>>ダイエットとは

押さえておきたいダイエット用語
  |-BMI計算
  |-体脂肪
  |-カロリー
  |-基礎代謝
  |-リバウンド
  |-セルライト
  |-隠れ肥満

食事ダイエットの基礎
  |-ダイエットと一日に必要な栄養素
   ・ビタミン
   ・タンパク質
   ・ミネラル
   ・食物繊維
  |-カロリー計算表
   ・ご飯・パン類カロリー計算
   ・麺類カロリー計算
   ・豆類カロリー計算
   ・肉類カロリー計算
   ・魚類カロリー計算
   ・野菜カロリー計算
   ・スープ/汁物カロリー計算
   ・飲料類カロリー計算
   ・お菓子/おやつ類カロリー計算
  |-低インシュリンダイエット
   ・GI値一覧

基礎代謝アップによるダイエット
  |-一日の消費カロリーを知ろう
  |-太りやすい体質とは
  |-基礎代謝アップの基本
   |-姿勢で基礎代謝アップ
   |-無酸素運動
   |-有酸素運動

番外ダイエット
  |-産後ダイエット

 

ダイエット食品人気ランキング

今人気の各種ダイエット食品のランキング。また、そのダイエットの健康効果も徹底分析

1位:ローカロ雑炊ダイエット
2位:マイクロダイエット
3位:ヒートダイエット
4位:豆乳クッキーダイエット
5位:ハーブティーダイエット

シモン茶ダイエット
社仲茶ダイエット
キャベツダイエット
寒天ダイエット
玄米クッキーダイエット
おからクッキーダイエット
モデリートスキニースリム
スリムキュア
ラルクバック

 

ダイエット食品.netホーム リンク集 プライバシーポリシー ダイエット基礎知識 ダイエット食品ランキング ダイエットコラム ダイエットQ&A

copyrights ©2006-2015. ダイエット食品.net All rights reserved.

ダイエット食品.netにおける情報の正確性には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。また、ダイエット食品.net内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。ダイエットを行なう際および、ダイエット食品を購入される際はご自身の責任において実行されてください。
また、ダイエット食品.netにおけるカロリーコントロールなどは「五訂 日本食品標準成分表(文部科学省)」に準じて作成しております。

ダイエットやダイエット食品の利用は各自の責任において行ってください。